節目の日に

今思い浮かぶのはむしろ平穏な光景だ。電気の落ちた寝室で瓶の底から酒を飲んでた。手元がはっきり見えるくらいの星あかりがあって、冬の林檎畑を照らしてた。もしかすると直接は林檎畑を見ていなくて、窓の外に広がる情景を想像していた…

続きを読む