セッションのこと

セッションについて、アイルランド音楽が好きないち地方人として思うところを書いてみたい。とはいえ、現地でフィールドワークをしたわけでもなければ、たくさんの文献を漁って研究したわけでもない。肝心のセッションにも、頻繁に足を運…

続きを読む

11月30日にまつわる話

先月はハロウィンにまつわる投稿をしたので、少し気が早いがこんどは「11月30日」のことを少し書こうと思う。 1611年11月30日、測量のため三陸沿岸を北上していたスペインの航海士セバスティアン・ビスカイノが盛浦(現在の…

続きを読む

6キー・フルートの意味

アイリッシュフルートの原型が19世紀の木製フルートだということはよく知られている。6つの指孔と8つのキーが付いたオリジナルに忠実な楽器はフル・キーと呼ばれる。ここから足部管の2つのキーを除いた6キーのフルートもそれなりに…

続きを読む

ハロウィンいろいろ

ハロウィンが近づいてきた。ハロウィンはアイルランドのサウィンがルーツといわれていることから、アイルランド文化がらみのイベントも時々目にする(私も一度試みましたが)。ハロウィンの仮装が年々派手になる一方で、由来について語ら…

続きを読む

楽器のこと

少し楽器のことなどを紹介しようと思います。 オーソドックスなD管のホイッスルで一番よく使っているのは、Ronaldo Reyburnというアメリカのメーカーの、Narrow Boreモデルです。 最初にReyburnの楽…

続きを読む

Lilting Banshee / Willie Coleman’s

前回からの流れで、リアスホールでの会でやろうと思っているジグのセットです。 動画は恥ずかしながらあまりいい演奏ではありません。独学だから、と言い訳しますが、あらかじめこう演奏しようと思ってその通りにやるということがさっぱ…

続きを読む