ふたたび仙台へ!

5月18日(土)に、Barm’sで開催されるTRADさん主催のセッションに参加します。午後7時半頃開始予定です。

アイルランド音楽のセッションではジグ、リールなどのダンス曲を中心に、集まった演奏者がその場その場で選曲を決め、自由に演奏します。20世紀初前半にアイルランド本国や移民の住むイングランドで生まれ、二次大戦後にさかんになった演奏形態だそうです。「セッション」という呼び名自体はジャズからの借用で、あとからあてはめられたものだとか。近年では日本でも大都市圏を中心として、全国で行われるようになりました。

基本的にはすべての旋律楽器が同じメロディを演奏し、ギター、ブズーキ、ピアノ、打楽器などによる伴奏が付きます。セッションのさなかでも、歌やエアは独奏されることがあります。エアというのは、アイルランドに伝わる民謡の旋律を器楽で演奏するものを言いますが、スコットランドやイングランド、アメリカの歌の旋律だったり、歌曲風の器楽曲として新たに作られたものもあります。バロック以前の時代に作られたハープ曲のレパートリーもこの範疇に含めることが多いです。

セッションの核をなすメンバーが定まってくると、おのずとセッションのレパートリーが充実してきます。アイルランド音楽は、我々のように外国人として取り組む人も多く、教則本や楽譜集も充実しているため、世界中どこでも通用するスタンダードチューンも少なくないのですが、親しい演奏者のレパートリーを耳で覚えたり、好きなアーティストを紹介しあったりするうちに、セッションごとの個性が生まれてくるようになります。

そんなわけで、不定期ながら長く続いてきたBarm’sのセッションは、言わば「東北スタイル」の結晶です。それも、年々ちょっとした変化があって、面白いなあ、と思います。

東北大植物園 & Barm’s(報告)

ギネス美味しかった!連休も今日で終わりです。

2日は仕事後遠野鍋倉城址の南部神社で宵宮祭。3日はTRADさんを迎えてリアスホールで練習会。今回は僕の選曲だけど。ガリシアの曲なんかも織り交ぜてなんだか混沌としてました……。でも、紹介した大船渡のお店はどこも気に入って頂けたみたいで、市民としちゃ鼻が高い(笑)。

losmidoras

その後4日朝に仙台を目指しました。やはり岩手と比べると温かいようで、植物園の新緑が眩しかった!今回は少しアコーディオンも弾きました。やっぱり屋外イベント好きだなあ。(写真はロス・ミドラスさん)夜は古巣のBarm’sで、途中休憩を挟みながら20曲ほど演奏しました。その後は楽器持ってきた人たちを交えてセッション。皆様ご清聴&ご協力ありがとうございました!打ち合わせもまずまず順調。これから夏にかけてのイベントとか、新しいレパートリーとか。連続で練習とステージがあって、徐々に感覚を取り戻してきた手応えがあります。今年はひとあじ違うかも?

shiogama

帰りは鹽竈神社に参拝して沿岸経由で帰ってきました。本殿が工事中だったけど、シオガマザクラが見頃で参拝客も多く、ほんとにいい雰囲気でした。今お土産のお酒を空けてます。塩竈『阿部勘』の純米吟醸ひより。「ひより」というのは宮城の酒造好適米ですが、栽培が難しいらしく「蔵の華」と比べてもなかなか見かけません。そんなわけで予想がつかない買い物だったんだけど、旨すぎてひとりで開けたことを後悔中……。

東北大植物園 & Barm’s(仙台)

気仙はずいぶんと春らしくなってきて、すぐそこなのに同じ時期の遠野とは大違い!もう新緑の時期に差し掛かっています。

某イベントの打ち合わせも兼ね、5月4日に仙台に行ってきます。

この日は東北大学植物園で企画されている「植物園の日」で、10:00からイベントがあります。仙台のアイリッシュサークル「あいりっしゅ」の一員として参加してきます。出番は11:55頃から。(植物園公式サイトの案内に書いてある時間は誤記のようです。注意。)たまに間違えそうになるけど、仙台市野草園とは別の施設です。

夜は五橋のアイリッシュパブBarm’sで演奏を行う予定です。こちらは7:30頃から。いつものTakumi and Toshiで、気が済むまでだらだらとやります。チャージフリーです。

どっから来てる心象なのかわからないけど、何時の頃からか「お酒の場の片隅でなんとなく楽器を弾いてる連中」というのに憧れていました。アイルランド音楽に興味を持ち始めた頃、どこかでそんな人たちに出くわさないかという期待があったから、今度は自分自身がそういう存在になれたらなあ、と考えてます。

あと、久々の樽ギネス(なんと3月17日のSaint Patrick’s Day以来)がとにかく楽しみ!

アイリッシュセッション@THE KEG

Image

花巻THE KEGにて、久しぶりのセッションがありました。TRADさんが主催で不定期にやっているこのセッションが、今のところたぶん岩手県内唯一のアイリッシュセッションということになります。僕にとってはひとまず岩手復帰第一回です。戻ってきたなあ、という感じがします。

あいにくセッション中の写真は撮っていません。余裕がなかったというか、楽器を潔く手放すことができないまま終わってしまったというか。詳しいリポートはTRADさんにお任せするということで……。

wallace

花巻の夜といえば北上のハイランダーWallace氏。ご無沙汰でした!相変わらずのド迫力でした。今後ともよろしくお願いします。仙台からは漂泊のフィドラーげんさんが見えてました。小規模ながら役者ぞろいなのがこのセッションの好きなとこ。

 

さて、そろそろ諸々のイベントに向けて選曲などしています。今ひとつ気乗りがしなかったかと思えば、考えだした途端果てしなく湧いてきました。今度は絞り込まないと。やはりやりたいことが見えてくると俄然面白くなります。

ただいま!岩手

大船渡市街

ついに岩手県に戻ってきました。近隣の皆様よろしくお願いします!

過去の投稿を見るとお分かりになるかと思いますが、僕は2013年の3月まで岩手県遠野市に住んでいました。震災後にこのブログを開始し、細々と活動報告を行ってたのですが、その後仕事の都合で1年間実家のある埼玉県に移っていました。

その間このブログは凍結状態になっておりタイトルは「遠野発」のままでしたが、この度「ケセン発」に改めました。鵢崎とはますますなんの繋がりもなくなってしまいましたがご愛嬌。

現在は沿岸の大船渡市に居を構え、腰を据えてやっていく準備が整いました。ご覧のように、震災の痕がまだまだ生々しい街ですが、想像した以上に住みやすく美しい土地です!市民として復興に取り組む傍ら、引き続き趣味の報告をやっていく予定です。

まとめて活動報告

JSF2012

長らく更新が途絶えてたので、今年出たイベントをまとめます。

2月12日 仙台 Café Con-Combre

3月25日 盛岡 クロステラス盛岡

5月6日 仙台 Osteria Bevitrice

7月7日 遠野 ズモナハウス Tanto Tanto

7月21日 那須塩原 Wine Bar Marcello

8月4日 花巻 イーハトーブ音楽祭

9月8日 仙台 定禅寺ストリートジャズフェスティバル

このような感じで細々やっております。Toshiさんのほうは仙台中心にいろいろと活動されているようです。夏はちょっと立て込んでましたが、秋に入ってからはのんびりしてます。それから、来月東京であるイベントをお手伝いするはずでしたが、延期になりました。日程が決まったら改めてお報せします。とりあえず、今年はこれで終わりかな?東京で、東北のメンバーによるイベントをやるって目論見は結局実行に移されませんでした。4月以降常に打ちひしがれてます……。

身の上話

昨年4月から仕事が変わり、遠野から関東某所へと引っ越しました。

7月に遠野でライブをやるときに、告知と兼ねてここに報告しようかなとも思いました。(まあ、これを見てる人はだいたい知っていたとは思いますが……)ただ、こちらに来てから、いろいろとうまくいかなかったことなんかもあって、岩手にいた頃の記録があるここを暗い気分で更新したくないな、などと思い、ひたすら放置してました。

先日、大船渡市への就職が決まり、4月からまた岩手県民としてやっていくことになりました。こんどは正規の職なので、半永久的に住みます。これで堂々と(?)岩手県民を名乗れます。ずいぶん久しぶりにblogを更新したのはそういうわけ。

被災地大船渡での生活は楽ではないだろうし、新天地で笛などを吹く機会があるかどうかまだわかりません。ただ、就職活動で再会した景色や人のことを思うと、つい楽しい気分になってしまいます。